ぼやーじゃべっくのざんふぁん

天然露天風呂と川遊び|初秋の長瀞キャンプヴィレッジ

      2018/10/20

秋のキャンプシーズン!まだテントを持っていない我が家でも楽しめるキャンプ場に行ってきました~!

連休中日で渋滞&混雑

10月の連休中日。自宅を出発した時にはナビの長瀞到着予定時刻が10時半くらいだったのに、関越道の渋滞に巻き込まれ正午くらいにようやく花園ICに到着。。ぜいぜい。。

ランチは花園IC近くのレストランで食べました。本当は長瀞で食べたかったのになぁ。。

で、ランチ後に長瀞に向かったら13時頃にキャンプ場付近に着いたので、チェックインの14時までに時間があるから長瀞駅周辺に行くことにしました。

・・しかし・・。長瀞の景勝地・岩畳の付近から渋滞。駐車場は満車。駐車場待ちの列に並んでみるも30分待っても列に動きがないので、諦めてキャンプ場に向かうことにしました。途中、スーパーで翌朝の朝食を買い出し~。

長瀞キャンプヴィレッジにチェックイン

バンガローのチェックイン時間の14時頃に長瀞キャンプヴィレッジに到着

キャンプ場・概要地図

長瀞キャンプヴィレッジ埼玉県長瀞の荒川沿いにあるキャンプ場。近隣にある長瀞オートキャンプ場と同系列。

ちなみに「長瀞キャンプ村」から「長瀞キャンプヴィレッジ」に名称変更しているので、地図には「長瀞キャンプ村」と書いてある場合があります

荒川沿い(崖の下に荒川。坂を下って河原に下りられる)の木立の広場でのオートキャンプと、大小様々なバンガローがあるキャンプ場。

子供の遊びは、場内を流れる小川で水遊びか、荒川の河川敷で遊ぶか(荒川での遊泳は禁止)。

バンガローは専用の屋根付きBBQスペースがあるので、雨でも困りません。

そしてこのキャンプ場は何と言っても天然露天風呂があるのがうれしいポイント。キャンプ場利用者以外でも入浴出来ますが、キャンプ宿泊者は割引になります。

  • 公式サイト:長瀞キャンプヴィレッジ
    http://www.nagatoro-campmura.com/
  • サイト種類:フリーサイト、土
  • 車の乗り入れ:可
  • ゴミ:分別してゴミステーションへ
  • 備考:クレジットカード不可、天然露天風呂アリ(有料)、冬期は休業

県道からキャンプ場に入るとまず駐車場広場があり、周りにバンガローがあります。受付どこ??と思ってよく見たら、坂を少し下がったところにありました。ここでチェックインし、鍵をもらいます。

今回泊まったのはバンガローD。受付からさらにちょっと坂を下りた曲がり角のあたりにありました。

キャンプ場内で水遊び

バンガロー前に車を停めると、バンガローに入らず、坂を下っていくお子たち。「ママーっ!!みんなおサカナつかまえてるー!!オレもやりたいー!!」と叫ぶ1号。ついて行くと、キャンプ場内を流れる小川で子供たちが水遊びしてます

場内を流れる小川

そのままドボーンと(?)入りそうな勢いのお子たちを落ち着かせ、とりあえず水着に着替えさせて小川へGO!

ま、水着じゃなくても大丈夫なくらいの浅さなんですが、服が濡れるのが面倒なので・・。

さすがに、この浅瀬にこれだけの子供たちがいる中をサカナが泳いでいるワケもなく(^-^;
水生生物を発見できなかったからか、早めに水遊びを切り上げました。

荒川の河川敷

バンガローで服に着替え休憩。「もう少し先に大きな川があるから、見に行こうよ!」とワタクシが言うも、お子たちはまさかの「行かない~」。え!?じゃママン一人でお散歩行くけど。

テントサイトは区画のような、フリーのようなかんじ。さすが連休だけあって満員御礼のようでどこもテントで埋まっていたので、テントサイトの写真は撮りませんでした。

川沿いのサイトに「河原→」という小さな看板があり、坂(崖?)を下ると荒川です。

ママン一人で景色を楽しむのももったいないと思い、バンガローに戻ってもう一度お子たちを誘ってみました。

河原は砂利のところや、岩ばかりのところ等。

荒川は遊泳禁止なので、川では絶対泳がないように、水にじゃぶじゃぶ入って行かないように、と口を酸っぱくして言い聞かせました。
川でじゃぶじゃぶ、は出来なくても楽しく遊んでくれます。

椅子みたいなくぼみのある岩を見つけたり・・

川に石を投げたり、女子はキレイな石を探したり。
「大きな川、楽しい!お散歩に来てよかった!」と満足気です。

バンガローやキャンプ場施設

今回バンガロー泊ですが、予約する際にどのバンガローで予約するのか指定するようになっていたので、バンガローDにしました。

エアコンと照明、布団つき。テラスから覗くと小川が見えます。

鍵は南京錠。

車は小道にはみ出さないようにバンガローの前に停めるので、結構キツイ感じです。

長瀞キャンプヴィレッジは、バンガロー泊だと各棟専用の屋根付きBBQスペースがあります。バンガローDは、バンガローのすぐ近くの東屋でした。(東屋とバンガローの間に流しがあります)

他には、テントサイトの方にU字型のブロックと長椅子が置かれたBBQスペースがいくつかあり、団体バンガロー用なのかな?という感じでした。トイレや炊事場の並びにもBBQスペースがあり、あとはバンガローのテラスがBBQスペースになっているところもあるようでした。

トイレ。

トイレの手洗い場。キレイで鏡もついてます。

夕食は専用東屋でBBQ

バンガローのすぐ隣の東屋が使えてラクです。だからDを選んだといっても過言ではありません。

小さくて見にくいですが、ちょっとハロウィンデコしてみました。

あ、そうそう、東屋があるのは分かってたのですが、念のためチェアだけは持ってきました。

バンガローDの東屋は、囲炉裏のようになっていました。網は持参したマイ網です。

今日のBBQのメインは、スキレットでハンバーグです。
最近、ハンバーグは時間がかかるからという理由でワタクシが家で作らないので、愛弟子1号がこの日をとても楽しみにしていました。

小分けしてビニール袋に入れていたパン粉に牛乳を投入。ひき肉のビニール袋に、たまご等と一緒に入れます。

塩、コショウを入れるのは愛弟子1号の役目。

今度は愛弟子2号がビニール袋の上から一生懸命もみもみ混ぜます。がんばれ!

早く、早く、と言うので、スキレットが熱くならないうちからハンバーグ種を入れました。

小さめのスキレットにあうターナーが中々なかったので、100円ショップでヘラ(お好み焼き用?)を買いました。サイズ感、ピッタリ!

この他、同じく100円ショップでシェラカップもどきを買っていたので、アサリを入れて二つ重ねて蒸し焼きに。アサリは全て、愛弟子2号が食べました(←いつも・・)

囲炉裏の周りに備え付けの長椅子があるのですが、固定されていてお子が座ると距離や高さが不便だったので、お子は持参したチェアに座って長椅子をテーブルにして食事しました。この方が、おままごとみたいで楽しいみたいです。

天然露天風呂と焚き火

お風呂は21時まで(受付20時30分まで)で、終了間際は混むとのことだったので、食後の片づけが終わったら早めにお風呂に行きました。

脱衣所にロッカーがあるので貴重品を入れてお風呂に入ることが出来ます。コレ結構重要ですね。

お風呂画像はありませんが、内風呂と露天風呂のある天然温泉。いやー、露天風呂ってやっぱりいいですね~。

お風呂あがりはお子は売店でアイスを買って休憩。↑こんな展示もありました。「土足禁止」とあったので、靴脱げばOKってこと?

で、我々が出る頃に、続々とお風呂に人が入っていっていました。おー、早めに行っといてよかった。。

夜のテントサイトの方を一周してみました。焚き火してる方も多い時間となってきました。我々も戻って焚き火をすることに。

まず、相棒が不器用に薪を積み上げると愛弟子1号が「オレやり方分かるよ!」と言って、相棒のやったのを崩して、ささっとやり直します。

「さっきお散歩した時に、焚き火してるのを見たよ!こうやればいいんだよ!」とキレイに積み上げます。おっさん、小学2年生に完敗です。

あ、ちなみに薪は受付で買いました。薄い板という感じなので、初心者の我々でも火をつけやすかったです。

焚き火の後は就寝~。
バンガローの前の道を通る人の声や、グループで来てる人達の声なのか結構遅くまで大人の話し声が響いていて、ワタクシは中々寝付けませんでした。。

~こうして1日目の夜は更けていく~

2日目~小雨の中チェックアウト

長くなるけど、2日目も1記事にして続けちゃいます。

天気予報ではくもりor晴れだったのですが、小雨。

朝食は簡単にパンやワッフル。
お子に「キャンプの朝ごはんってパンなの?」と言われました。。だってバーナーとか持ってないんだもん。

今度はカセットコンロ持って行こうかな。

で、ワタクシが片づけをしてる間に相棒とお子の3人で荒川の河川敷に遊びに行ってました。が、だんだん雨も強くなってきたので片づけ終わるとともにチェックアウトすることに。

長瀞フィッシングセンターでつかみ取り

チェックアウトしてそのまま長瀞フィッシングセンターに向かいました。長瀞キャンプヴィレッジから車ですぐです。
9時オープンのところ、9時半頃到着。まだ駐車場も空いていました。

長瀞フィッシングセンター(公式サイト)
http://nagatorofishing.web.fc2.com/

レトロな(?)HPですが、よーく読んでいると、なんかほんわかと面白い文章があります(笑)。予約して行くと割引になります。

長瀞フィッシングセンターは、入場料、駐車場、貸し竿代、エサ代など、一切無料。時間制限もナシ。釣れたら、釣った分だけ1匹いくら、という会計です。釣った後のワタ抜き、串刺し、焼き代なども無料。マイ竿や、マイエサの持ち込み自由。無料のエサで中々釣れなかったら、有料エサを購入することも出来ます。

じゃ、1匹の値段が高いんじゃないの?と心配になるかと思いますが、そんなことはありませんでした。お手軽に釣りが楽しめます。

長瀞フィッシングセンター

まずは釣り堀でチャレンジ!

長瀞フィッシングセンター

すぐ脇に渓流があり、そこで渓流釣りにチャレンジすることも出来ます。

長瀞フィッシングセンター

渓流の中のプール状になっているところに、センターのおじさんがサカナを放流してくれるみたいです。

写真では距離感が分かりづらいですが、崖の上から釣り糸をたらす感じです。
水がとってもキレイ!

長瀞フィッシングセンター

しかし、釣れる人は釣れていたものの、我々は中々釣れず。つかみ取りも出来るということなので、お子たちはつかみ取りに変更~。

何匹にしたいか言って、いけすから魚を出してもらい、渓流釣りの下流のつかみ取りエリアに放流してもらいます。

つかみ取り

女子である愛弟子2号は、キャッキャと騒ぐだけで捕まえません(^-^;
その分1号が張り切って4匹捕まえました。

つかみ取り

受付で精算してニジマスを焼いてもらいます。
予約してあったので割引、そしてつかみ取りだと釣るのよりも値段が安いそうです。

ニジマスの塩焼き

一番小さいのは相棒。大きいのはお子たち。

ニジマスの塩焼き

おいし~

長瀞観光&グルメ

生憎の天気ですが、せっかくなので昨日のリベンジで長瀞観光に・・。

連休中日の昨日はどこの駐車場も満車でしたが、雨だからか今日はすんなり駐車場に停められました。

ランチは味噌カツ&ソバ

駅前から岩畳を結ぶ商店街を歩きながらランチをどーするかで家族で意見が分かれました。というか、愛弟子1号がラーメンがいい、と言うのですが、ワタクシはラーメン食べたくありません。だって、旅行の時にいつもラーメンって言うんだもん。。

で、モメた結果・・

愛弟子1号が好きなトンカツを使用した味噌カツ丼と・・

ワタクシや愛弟子2号はお蕎麦

岩畳

長瀞観光と言えば、ここ、の岩畳

岩畳

雨でも結構人がいますね。

岩畳

荒川下りの乗船場。お天気がいいとすごい行列なんでしょうねー。

岩畳

天然かき氷

商店街へ戻ります。雨でちょっと涼しいくらいだけど、やっぱ名物は食べないと(!?)
長瀞名物・天然かき氷

天然かき氷~メロンミルク

すんごいヴォリューミー。いや、絶対お子1人じゃ食べきれないでしょ。でもウチのお子、シェアして食べてくれないので、仕方なく一人1個。1号がメロンミルク、2号がイチゴ。

天然かき氷~きな粉・抹茶

ワタクシと相棒は2人でシェアして、きな粉抹茶。すごく濃厚な抹茶。そして、ふわっふわの氷。
「天然の氷のかき氷は、頭がキーンとならない」と言いますが、食べてたらちょっとキーンとしたような・・(^-^;

で、案の定2号が「お腹いっぱーい」と言って残したので、大人は子供の残した氷も食べるハメになりましたです。

せんべい

午前のニジマス塩焼き、ランチ、大盛かき氷・・とお腹いっぱいだったのですが、相棒が懲りずにおせんべいを購入。

せんべい

車で帰路につきながら、2号がバリバリ食べていました。(おい、だったらかき氷残すなよ!)

まとめ

他人のテントを撮ってアップするのもどうかと思ったのでテントサイトの画像がないですが、程よく木立があって特に川沿い(というか川の崖の上)のサイトの雰囲気がよさそうなキャンプ場でした。テント買ったら是非リピしたいなぁ。

そしてもちろん、露天風呂があるのはうれしいですね♪お子たちも、楽しんでおりました!

 - キャンプ, キャンプ日記(埼玉県) , , , , , ,