ぼやーじゃべっくのざんふぁん

秋の林間キャンプ|赤城山オートキャンプ場(1)

      2018/12/08

秋は学校や保育園の行事ももりだくさん。愛弟子2号の保育園の行事で金曜日を休むことになったので「だったら翌日の土曜にどっかキャンプ行きたい・・」と理由をこじつけてキャンプ場予約をぽち。

赤城山オートキャンプ場

地図を眺めて「群馬ってかなり遠いと思ってたけど、南の方なら近いかも。」と、あれこれ調べて行き先を決めました。

キャンプ場・概要地図

赤城山オートキャンプ場群馬県、赤城山山麓標高550mの林間キャンプ場。

牧場も経営しているようで、売店では直営牧場のこめこめ豚を販売しています。日曜の朝限定で、自家製ソーセージを使ったこめこめドッグが販売されたり、ソーセージ手作り体験が出来たりします。

全体的に斜面になっていて、それぞれのエリアが段状に分かれている感じ。サイトは3つのエリアに分かれていて、上からグリーンエリア、ブルーエリア、イエローエリアとなります。

  • グリーンエリア:高い樹木に覆われた段々状の区画サイト。区画がしっかり分かれているのでプライベート感アリ。
  • ブルーエリア:子どもの遊び場(じゃぶじゃぶ池、ターザンロープ等)や炊事場、トイレといった施設の並びにある平地の区画サイト
  • イエローエリア:バンガローの向かいにある横長区画サイト。

バンガローやキャビンは、イエローエリア~その下段になります。

場内には子どもの遊び場も色々とあり、イベントも盛んに行われているキャンプ場です。

バンガローやキャビンは、タープを張れるほどの広いスペースがついているものが多いので、野外リビングでアウトドアを満喫できます♪

  • 公式サイト:赤城山オートキャンプ場
    http://autocamp-akagi.com/
  • サイト種類:区画サイト、林間、土
  • 車の乗り入れ:可
  • ゴミ:分別してゴミステーションへ(かなり細かい分類)
  • 備考:クレジットカード可(3,000円以上の場合)、シャワー無料

さて、ってなワケで、写真多めですがいきますよ!

前日に仕事を休んだおかげで、カンペキなまでに車の積載関係は終了。(ちなみに小学生の1号は学校なので金曜から繰り出すわけにいかず)
ヘタレな我々ファミリーにしては珍しく、朝7:40に自宅を出発するという快挙です(え?遅い??汗)

ぐりーんふらわー牧場・大胡

幸い途中渋滞にも合わず、ナビの予定通りに10時半頃に赤城山周辺に到着!

赤城山オートキャンプ場の近辺にある道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡に立ち寄ります。

ぐりーんふらわー牧場・大胡(公式サイト)
http://www8.wind.ne.jp/sanpo-michi/index.html

公式サイト・・かなり分かりにくいですが、直売所が「さんぽ道」という名前みたいです。
広い芝生広場、小川、遊具、動物とのふれあい・・なんかがあって小さな子連れには大変ありがたい施設・・しかも無料!です(^-^)

風車エリア

ぐりーんふらわー牧場・大胡

風車を見ると「あ、アンデルセン!」というお子たち。(アンデルセン公園のことっす)

展望台からの景色。

バンガロー

風車エリアと谷を挟んで向こう側に遊具エリアがあるので、谷を下りていきます。すると・・

バンガロー

バンガローが何棟か建っています。小川が流れていて、小さな橋を渡って向こう岸へ。

遊具エリア

ぐりーんふらわー牧場・大胡 遊具

大きな遊具がいくつか並んでいます。お子たちは大はしゃぎで遊び倒します。

「向こうにも遊具あるよー!!」と言っても中々動かず・・

2人で鬼ごっこしたり、とにかく遊び倒す。

牧場エリア

ようやく動物コーナーにたどり着いた。。ぜいぜい。。

ひつじ

エサはレストハウスで購入出来るようですが、そこまで戻るのがかなり面倒なのでエサやりはせず。

ポニー

他に、ウサギやヤギ、ニワトリもいました。

BBQ施設など

遊具エリアの付近に、BBQ施設がありました。今日は利用者がいないようです。

レストハウスの付近にも小さな遊具が。
遊具があるともれなく遊ぶのは子供のサガか。

大きな葉っぱの落ち葉があったので、葉っぱお面を作ってみました。

また風車エリア

小山があったので、グラススキーのようなかんじで滑る、滑る。

お昼ご飯は、売店横でラーメンを食べました。

赤城山オートキャンプ場にチェックイン

さ、では赤城山オートキャンプ場へ行きましょう!

山道を進んでいると、キャンプ場のすぐ近くの道端で、たぬきを見つけました!こんな昼間っから野生のたぬき!!

よく皆さんのブログを拝見してると高確率で見かけるキャンプ場のカンバン。せっかくなんでワタクシもパシャリ。

受付も場内もキレイでいい雰囲気です。赤城山オートキャンプ場の利用は初めてだと言うと、スタッフの方が場内を丁寧に説明してくれました。

キャビン

で、今回利用するのは「キャビン」。まだ新しいのかな?キレイでオシャレな建物です♪

デッキに冷蔵庫と流し(お湯が出る!)があるので便利。

室内はロフト状になっていて、マットレス付き。

エアコン付き。

トイレもキレイ。

窓の外に植物が写ってますが、これがキャビン裏手の地面です。

キャビン前の専用スペースにヘキサタープを張ってみました。車をなるべく奥にしまって、敷地内ギリギリです。
ちなみに、隣とは低木の植栽で仕切られています。

今夜はタープの下でしゃぶしゃぶ~!なテーブルセッティング。

ちなみに、タープを張ったら焚き火をやるスペースがなくなったので、今回は焚き火はあきらめます。。

キャンプ場内の施設

キャンプ場内は、秋の林の中といった感じでとてもいい雰囲気。いいですね、この雰囲気。

ゴミステーション

かなり分別が細かいゴミステーション。自治体のごみ袋は不可で、スーパーのレジ袋等に入れた方がよいみたいです。

炊事場

お湯が出る場所と出ない場所があるようでした。

ちびっこ基地

子ども心をくすぐる山小屋風のちびっこ基地。こういうのを見つけると、もれなく中に入るのは子どものサガか。

たぬきの水辺

夏には水が流れるようです。岩から岩へ飛び移って遊んでいました。

ターザンロープ

グリーンエリアとブルーエリアの間くらいに位置するターザンロープ。子供たちに大人気!

愛弟子1号も2号も、とても気に入った様子。

とにかく滞在中、何度もターザンロープをやりました。

ブランコ

お隣のブランコ。

イベント・森の楽校に参加

15時から、キャンプ場の無料イベント「森の楽校」に参加しました。

子どもだけで参加してもいいみたいでしたが、ワタクシと相棒と交代で一緒に参加しました。(その間、荷物の整理や夕食の準備を交代でしました)

お題に出されたものを場内から探してきて答え合わせをしたり、葉っぱを集めて「葉っぱジャンケン」をしたり、自然の中で楽しく遊べるイベントで、お子たちもとても楽しんでいました。

場内の自然についての説明を聞いていると・・キャンプ場にある木々は大部分がコナラだということ。。コナラ・・ってもしや・・、そう、「夏には運が良ければクワガタやカブトを見つけることが出来ますよ」と・・。

・・・ええっ!!夏休みにリピート確定!!(^-^)/

で、程よくカラダを動かしたので、おやつに売店でボイセンベリーのソフトクリームやサンデーを。ボイセンベリーはキャンプ場の直営牧場でつくってるみたいです。あっさり味でおいし~♪

ついでに売店で夕食用にこめこめ豚のお肉を購入。

イベント・ビンゴゲームに参加

17時からはビンゴゲームに参加しました!1枚500円でビンゴカードを購入します。家族4人で全員分買うと2,000円になっちゃうので、お子の分だけ2枚買いました。

普通の数字が書かれたビンゴではなく、キャンプにちなんだ絵が描かれたビンゴカードでした。結局、愛弟子2号はリーチになったもののビンゴにはならず、1号のみがビンゴ。

1号は「さつまいも」狙いだったようですが、くじで当たったのは「手作りアポロセット」でした。

こめこめ豚のしゃぶしゃぶ&ラーメン

キャビンに戻って夕食。

売店で買ったしゃぶしゃぶ用ロース肉、バラ肉、自宅から持参した鶏肉の肉団子、牛肉。うーむ、肉が多すぎた・・。

主食は、ラーメン好きな1号のために、ちゃんぽん麺を入れてみました。

お泊りキャンプなのでアルコール持参。ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランのスパークリング。典型的なNZのSBってかんじで、しゃぶしゃぶに合いました。(←デギュコメそれだけ?汗)

食後の片づけが終わったら、シャワーへ。無料なのがありがたいですが、ちょっと着替えたりするスペースが狭いかなぁ。

今日はたっぷり遊んだ~。寝る準備が出来たらお子たち即爆睡。

~こうして1日目の夜は更けていく~

 - キャンプ, キャンプ日記(群馬県) , , ,