ぼやーじゃべっくのざんふぁん

ワンコイン・予約不要で川遊び!夏の巾着田キャンプ場|デイキャンプ

      2018/11/21

デイキャンプデビュー以来、毎週利根川ゆうゆう公園に行っていたのですが、さすがに30度超えになってくると暑くてたまらん、たまらん。。川遊びでもして涼みたい~!(ま、ゆうゆう公園も利根川沿いなんだけど・・川遊びは出来ないし、そもそもデイキャンプしてると川見えないし。爆)

・・ということで、川遊びの出来る場所を探しました。

どんなとこ?地図

埼玉県日高市・巾着田ひらがなの「ひ」の字の形に高麗川が蛇行している場所。曼殊沙華公園として有名で、秋には真っ赤な絨毯になるらしい。

山の中の渓谷ではなく、民家まばらな市街地の中にぽつっとある不思議な場所(笑)。川は浅く、流れもゆるやかなので、小さな子供でも安心して遊べる

駐車場が1日500円(夜の0時を過ぎると翌日扱い)の他は、入場料などナシで無料予約も不要。宿泊キャンプもOKで、その場合は夜0時をまたぐので1泊2日1,000円の駐車場のみで宿泊キャンプが出来る、という格安・自由キャンプ場。

  • 公式サイト:ひだか 巾着田
    http://www.kinchakuda.com/
  • サイト種類:フリーサイト、河原の小石・砂利
  • 車の乗り入れ:不可
  • ゴミ:自分で持ち帰り
  • 備考:宿泊可、曼殊沙華のシーズンはキャンプ・BBQ禁止、入浴施設ナシ、洗い場ナシ

7月の3連休に予約ナシでデイキャンプしたいっ

だって、予約なんてしてません。本当は千葉県内の房総で川遊びスポットを探していたのですが、中々条件にあうところがなく・・。うーん、神奈川?埼玉?渋滞が心配だなぁ・・と色々探していたら、見つけましたよ!予約不要でお子が楽しめそうな川を!ってことで明日のデイキャンプはここに決定!(え?前日に決めたのかって?汗)

(上写真:管理事務所 予約不要なので管理事務所に立ち寄る必要はありません。)

やっぱり、3連休・・途中の高速で渋滞にあい、予定より1時間遅れで到着。10時前には現地入りしたかったけど、11時に到着。

埼玉県日高市の巾着田、到着

埼玉県は日高市にある巾着田です!

広いし、駐車場も混雑してれば臨時駐車場がある、との口コミを見ていたのですが、どうかな、空いてるかな・・。
「満車」の表示でしたが、第一駐車場の入口のおじさんに「あと1台」と言われ無事に駐車出来ました。

右の遊歩道から河原に出られます。

小さな林のような場所が横長に広がっています。夏の今は何もありませんが、秋になるとここに真っ赤な彼岸花の絨毯が広がるんですね。「マムシに注意」という看板があちこちに・・怖っ(^-^;

巾着田で川遊び!

河原にはズラズラズラっとテントやタープ等が並んでいます。うーん、どこに陣取ろう・・。木陰ないかな~・・と探しているとお子たちが「川で遊びたい!遊びたい!どうして遊んじゃダメなの!??」と待ちきれないご様子。

仕方ない、とりあえず炎天下にポップアップテントを立てて急いで水着に着替えさせ、川にドボーン(←ウソ)

マリンシューズに水着、ラッシュガード、スイムキャップ。これで熱中症対策はいいかしらん。

川遊び道具は、ひしゃく、ミニ網、ペットボトルに穴開けたもの、ミニ製氷器・・等。浅い川だから浮き輪はいらないかな、と思ったけど、浮き輪で遊んでる子が多く、愛弟子2号が「どーして持ってこなかったの?」と・・。すみません。。

川を歩いて下ってみました。途中で愛弟子1号がオタマジャクシやカエルを捕まえ、ミニ水槽に入れて持ち歩いて、行く先々の老若男女に「オレが捕ったんだよ」と話しかけてました。(しばらくしたら川にリリースしてました)

ワタクシがお子2人を連れて川中散歩してる間に、相棒が木陰にポップアップテントを移動させました。

本当は、買ったばかりのヘキサタープを持参していて、是非設営の練習をしたかったんだけど・・大人一人が川遊びする子供を見張っているので、自由になるのは残りの一人。初心者・初タープを一人で張れるワケもなく・・せっかく無風で場所も自由に使えて、しかも猛暑でタープの必要性の高い時だったのに、持って行っただけで使えませんでした。。

そんなオトナの葛藤(?)はつゆ知らず、お子は川遊びに夢中。

浅瀬が広く広がる場所が多いですが、所々ちょっと深いところもあります。

グループキャンプしてる人達なんかは、大人だけがタープの下で談笑していて、子供たち数名だけで川でじゃぶじゃぶ泳いでる・・っていうのも見かけましたが・・。ワタクシのような心配性なオヤは目が離せません。

河原の反対側はガケ?森?になっているので、川に日陰が出来ています。オトナ女子はなるべく日陰からお子を見守ります(笑)。

川の中には、前述のオタマジャクシの他、小魚がいっぱい!ミニ水槽に水を入れようと、ひしゃくで水をすくっただけでうっかり小魚が入ってしまう程。そして、河原ではオニヤンマを見つけていました。

川の外は・・

お昼休憩

30度オーバーの気温でBBQやれるものかどうか迷っていたのと、ギリギリに行くことを決めて準備していなかったので、お昼ごはんは途中のコンビニで買ったおにぎり等でカンタンに済ませました。
BBQをやっている人やフライパンで調理している人等たくさんいたので、ちょっとうらやましくなりましたが、ま、暑いからこれでもいいかな。

ログ風のトイレ

トイレは2ヵ所なのかな?ログ風で、とてもキレイ。個室も広いし、なんとウォシュレット!無料の施設とは思えない。どこかのショッピングセンターのトイレかと思うような高規格トイレでした。

あ、しかし洗い場はありません。第1駐車場のところのトイレに手洗い場、足洗い場?がありますが「洗い物は禁止」と書かれています。

林の中

林の中に百合が咲いていました。

林越しに河原を望む。テントがたくさん並んでいるのが見えます。
しかし、この涼し気な林間にテントを張れたら・・と思ってしまうけど、ここに彼岸花が咲くんですね。(もちろん歩道以外は立ち入り禁止になってます)

ふれあい広場

巾着田の「ひ」の文字の中の部分。ホタルが生息していたり、ふれあい広場として広場になっていたり、馬がいたりするようです。(馬のところまでは行ってないので見てないです)
川で遊ぶので精一杯で、こちらまで足を伸ばしませんでした。

沢でサワガニ探し

さ、また川で遊びます。

川に注ぐ沢を見つけたので、相棒と愛弟子1号(ともに男子)に教えてあげてみました。やはり、沢には興味深々なようです。石をそっとどけて生物がいないか探しています。

・・と、サワガニ発見!ミニ水槽に入れていると、他の男子も近寄ってきて「何がいるの?」「どこにいるの?」と男子同士のコミュニケーションが始まります(笑)。

なんやかんやで数匹のサワガニをゲット。どーしても飼いたいというので自宅に持ち帰ることになりました。保冷剤を近くに置いてなるべく涼しくしながら・・。

・・ということで、たっぷり川遊びを堪能して帰路につきました。朝の渋滞では「まだ着かないのー?」「どーして遠くまで行くの?」とご不満だったお子たちも帰りには「楽しかった♪」とご満悦でした!

・・・あ、ちなみにサワガニは翌日大きめな水槽を買ってそちらに移住させました。ちゃんと育ててますのでご安心を(?)

 - キャンプ, キャンプ日記(埼玉県) , , , , , ,